UP Studioの便利機能で、靴のヒールを綺麗に出力する!

UP Studio

3Dプリンターで曲面を出力するテストに、靴ヒールを3Dプリントしてみました。

ヒールのように中空のデータは、サポート材が生成されます。

UPシリーズで使われるUP Stidioは、サポート材の生成を得意としているので

その辺もご紹介したいと思います。

 

機種 UP BOX
積層ピッチ 0.15mm
素材 ABS
時間 ボルト:2時間

 

プリントで便利なUP Studio

まず、3DCADのFusion360で、ヒールのデータを作ります。

女性用の靴のヒールは、複雑な曲面になるので、綺麗にプリント出来るでしょうか。

 

STLデータをUP Studioに読み込みます。

UP Studioは、スライサーとプリント設定の両方が出来るソフトですが

他にも便利な機能があります。

例えば、プリントの品質を決める積層ピッチやプリントの密度を

簡単に設定することができます。

今回は、積層ピッチを1.5mmに、プリント密度は低めにします。

 

さらに、UP Studioにはサポート材のつき方がわかるプレビュー機能があります。

サポートによって造形物の品質が変わるので、とても便利な機能です。

プリントの設定

UP Studio

 

サポート材を綺麗に剥がすコツ

 

UPシリーズは、サポート材が簡単に剥がれるのも特徴の一つです。

ヒールは2時間ぐらいでプリントできました。

中空構造のため、サポート材が付きますが大半の部分は手ではがせます。

ヒールのプリントが完了 中空構造にサポートが付く

殆どは手ではがせますが、少しだけサポート材が残りました。

残った部分は、デザインナイフで剥がします。

ホームセンターに売っている、刃先が変えられるタイプが便利です。

 

積層ピッチは1.5mmですが、ヒールのプリントはかなり滑らかに仕上がりました。

 

サポート材が残る デザインナイフで剥がす

 

靴のヒール 靴のヒール