UP300
購入
previous arrow
next arrow
Slider

様々な素材への対応力と
さらなる高精度へ

UPシリーズの大型プリンターとして、様々な素材への対応力を高め、新たに登場したのが「UP 300」です。

素材ごとの専用ノズルを持つことで、様々な樹脂に対応可能。安定した出力により、さらなる高精度へと進化しました。

さらに、255 × 205 × 225mm(W×D×H)とシリーズ最大のプリント面積を実現しています。

UP300の特徴

プリント品質と業務での使い勝手を向上

素材ごとの
専用ノズルが登場

新方式の
ビルドプレート

複数人での
プロセス管理

UP300

素材ごとに最適化された専用ヘッド

UP 300は、多様な素材への対応力を高めるため、交換可能な複数のヘッドを搭載しています。 ABSのような高温フィラメント用、PLAのような低温フィラメント用、TPUや軟質ポリウレタンなどフレキシブル用の3つです。

ガラスのフラットビルドプレート

シリーズ初のガラス式ビルドプレート

UP300では、3Dプリントの品質を左右するビルトプレートにシリーズ初のガラス素材を採用しました。 ベースがフラットになったことで、造形物との接地面が滑らかになり、プリント後の取り外しが容易になりました。

自動キャリブレーション

積層ピッチ0.05mm

細かい積層ピッチで、0コンマでの正確性を実現しました。

積層ピッチ

手で外せる自動サポート

自動生成されるサポート材は、外しやすいので造形物を痛めません。

3Dプリンターでは、中空などの構造部分を支えるため、サポート材も同時にプリントされます。しかし、一般的な3Dプリンターでは、サポート材取れずらい場合が多くなります。 しかし、「UP300」で自動生成されるサポート材は非常に取れやすく、手で外すことも可能です。

自動サポート

HEPA + 活性炭フィルター

プリント中に匂いのしないフィルターを装備しています。

3Dプリントでは、高温で樹脂を溶かすため特有の匂いがします。 しかし、「UP300」は、HEPAと活性炭フィルターをボックス内に備えているため、プリント中の匂いを抑えることができます。

積層ピッチ

ビギナーも簡単に使えるソフトウェア「UP Studio」

付属のソフト「UP Studio」は、誰でも簡単に使えるスライサー & プリントソフトです。 多くの3Dプリンターは、ソフトは設定などが難しいものが多いですが、「UP Studio」は難しい操作を覚える必要もなく最適なプリント行うことができます。

UP 3Dのギャラリー

UPシリーズの3Dプリンターで出力した様々事例をご紹介します。

UP300のスペック

造形方式

FFF方式(溶融フィラメント造形法)

使用素材

ABS樹脂・PLA樹脂・木質樹脂・TPU その他

プリントエリア (mm)

255 × 205 × 225mm(W×D×H)

積層ピッチ (mm)

0.05/0.10/0.15 /0.20 /0.25 /0.30 /0.35/0.40 (使用時選択可能)

プリントヘッド タイプ

シングルヘッド(ABS、PLA、TPU専用エクストルーダー付き)

タッチスクリーン

4.3 フルカラーLCDスクリーン

付属機能

空気フィルターシステム搭載

光パルス機能的LED、ムード照明

ボディー

金属フレーム及び強化プラスチックケース

製品寸法 (mm)

500(W) x 523(H) x 460(D)mm

重量

約30Kg/44LB

電源

100-240V,50-60 Hz,180W

対応 OS

Windows XP,/Vista,/7/ 8/10 & Mac OSX 10.6以降

対応ファイルフォーマット

up3 / ups / stl / obj / 3mf / ply / off / 3ds / gcode

造形プレート タイプ

ヒーターベッド式+ガラスフラット式

入力フォーマット

STL,UP3,UPP

UP300の保証内容